分かり易い二者択一のシンプルな取引

バイナリーオプションとは指定された条件よりも「上かor下か」を予想する金融商品であり、取引のシンプルさがわかりやすいので投資初心者にも人気があります。例えば米ドル/日本円の通貨取引において、始まりが1ドル=90円20銭のレートだったとしましょう。

hiueureバイナリーオプションでは取引時間中の終値が、始まりの値よりも上回って1ドル=90円30銭になるか、それとも下回って1ドル=90円10銭になるか、この「上かor下か」予想をするのみなのです。ですから勝率も単純に考えれば2分の1、予想が的中すれば利益を得ることができます。但しバイナリーオプション取引をするにあたり、証券会社に支払う手数料などもありますので、得た利益から数%差し引かれる分も考慮しておく必要があります。

2.すきま時間を有効に使えるデイトレード

バイナリーオプションは基本的に1日の中で行われる短期的な取引となり、数分から数時間で損益が決まります。全てが24時間以内に清算される仕組みになっているため最短で10分、長くても数時間の取引となります。

損失を出したとしても翌日まで引きずることもありません。このため仕事が忙しいビジネスマンでも移動中や休憩中のすき間時間を有効に使って手軽にバイナリーオプション取引を開始することができます。一日中ずっとパソコンの前でレートの動きを見ていなくてはならないといった事は必要ありません。

学生や主婦でもちょっとした合間の時間を使えるので、ますますバイナリーオプション取引の人気は高まっていくのではないでしょうか。また最近では、ほとんどの業者がスマートフォンに対応しているので外出中や手元にパソコンがない場合でも、いつでもどこからでもバイナリーオプション取引ができるのも大きなメリットです。

3.あらかじめリスクの範囲がわかる安心感

バイナリーオプション取引を開始するとその時点で、既に最大損益が確定します。相場が予測不能でどんなに荒れたとしても、証拠金額=最大損失額となるため、あらかじめリスクの範囲は決まっており、初心者でも安心して取引できるメリットがあります。

極端な事を言えば、100円のチケットを購入し予想が外れても100円の損失のみというわけです。 バイナリーオプションを扱う証券会社によっては最少額50円から取引開始できるところもあります。50円なら損失を出しても投資の練習には良い勉強代となるのではないでしょうか。

4.ローリスク・ハイリターンの法則

バイナリーオプションがFXと異なる大きな違いは、海外FXは値動きが止まってしまうと期待できる利益の流れも止まってしまうのに対し、バイナリーオプションでは一銭といった微小な額でも動けば勝ち負けが決まる=利益or損失が決まるという点です。

これは二者択一のシンプルな取引方法だからこその特権で、取引条件によっては最大で20倍といったハイリターンを期待することも可能です。倍率が高ければその分当選確率も下がりますが、ローリスクの最少額で投資が可能、そしてハイリターンの利益が期待できるのは、バイナリーオプションならではの魅力です。

5.豊富なバイナリーオプション取引

スタンダードなバイナリーオプション取引といえば「ハイ&ロー」です。

設定された取引時間内で終値が指定レートよりも上がるか下がるかの二者択一方式ですね。「タッチ」では、取引終了時に設定されたレートに到達するとペイアウトが発生するという取引があります。「レンジ」は取引終了時までに設定されたレート範囲内に、終値がインしているかアウトしているかを予想する取引です。このように様々な取引商品がありますので、バイナリーオプションを始めるにあたりいろいろと検討しながら興味のある商品を探してみてはいかがでしょうか。


為替レートで取引


  • もしFXを怪しいなにかだと思ったら大間違いです。NHKでニュースを見てるとどこかで一度はちらっと課題にあがる為替レート。この為替レートで取引するのがFXです。

    ドル円の場合で100円の場合にドルを買って、101円のときにドルを売ったら1円の儲け。これを1万ドル買えば1万円の儲けになります。逆に99円になったら1万円の損失です。たったこれだけ。上がるか下がるか2択を選ぶだけ。売買するようになると、なんとなく聞いていた為替レートもニュースで聞くのが楽しみになりますよ。

     fijwe