ベイアウト率が高いラダーオプションの魅力

外貨と日本の円の金利の差を使った金融商品と言えば、外貨貯金などが有名ですが、じつは最近注目を集めているFXでも同じような資産運用ができることをご存知でしょうか。

FXは外国為替市場の為替相場の変動を利用して、2つの異なる通貨を一組のペアを互いに売買し、その為替差益を求めていく投資取引になります。
主として、この為替差益を求める行為がFXでの利益獲得の手段となるのですが、じつはFXにはこれ以外にを求める方法があるのです。

通貨にはそれぞれに個性ともいうべき特性を持っているのですが、その最たるものに金利があります。

それぞれの国や地域で発行されている通貨には、それぞれに政策金利が設定されていて、その国政や経済状況によって特徴を持ちつつ緩やかに変動をしています。
例えば、日本の通貨である円は、世界でもあまり例を見ない低金利の通貨であるという事が知られていますし、アメリカの通貨である米ドルは、世界で一番の流通量と取引量を誇り、決して価値の下がらない基軸通貨として存在しています。

こうしたことから、特に金利は通貨ごとにはっきりとした特徴であり、外貨貯金でも金利の高い国の通貨に替え、その国の銀行に定期貯金をすることで、大きな金利と利息を得ているのです。

FXの場合ですが、FXでは2つの異なる通貨を互いに売買するとお話しした通りで、この2つの通貨ももちろん金利をそれぞれ持っており、その通貨の金利差をスワップポイントと呼んでいます。
このスワップポイントは不思議な性質を持っており、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買って保持していると、そのスワップポイントを支払うことになるのです。また、これとは逆のパターンで、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買って保持していると、スワップポイントを受け取ることができるのです。
ちなみに、このスワップポイントはおよそ日ごとに集計され、その通貨の保持を決済して解消した時点で利益、ないし支払いとして計算されるのです。

話なぐるりと戻りますが、つまり、日本の円のような低金利の通貨で、例えばオーストラリア連邦などのような資源産出国の高金利の通貨を買って保持しておけば、それを持っているだけで、一日ごとに利益が入ってくる、という事になるのです。

もちろん、通貨を保持している間に政策金利が変更されたり、為替レートが変動して通貨価格自体が損失になってしまうと、それまでのスワップポイントが相殺されて無くなってしまうこともあるので、常に保持した通貨の状態を観察しておくことが必要ですが、為替差益を求める細かな取り引きよりも、ゆったりと時間をおいて行えるので、長期的な投資を行いたい人にぴったりの資産運用法と言えるでしょう。

為替レートで取引


  • もしFXを怪しいなにかだと思ったら大間違いです。NHKでニュースを見てるとどこかで一度はちらっと課題にあがる為替レート。この為替レートで取引するのがFXです。

    ドル円の場合で100円の場合にドルを買って、101円のときにドルを売ったら1円の儲け。これを1万ドル買えば1万円の儲けになります。逆に99円になったら1万円の損失です。たったこれだけ。上がるか下がるか2択を選ぶだけ。売買するようになると、なんとなく聞いていた為替レートもニュースで聞くのが楽しみになりますよ。

     fijwe