長期的な視点で行う取引

株式投資は長期的な視点で行うことが鉄則であると言われています。特に個人投資家に対してはそのように言われることが多いです。しかし、それはサラリーマンが休日や帰宅後に株式投資を行う場合のことであり、ある程度の時間が取れる個人投資家の方には当てはまりません。個人投資家の方でもデイトレーダーとして成功している人がいることは、テレビ番組等で紹介されている通りです。

yiurereデイトレーダーとは、日々動く株式の値段を見て、何度も取引をすることで細かい値幅の利益を上げていく株式投資の方法です。この方法は、証券会社の開いている時間帯に狙った株式の値幅を注視している必要がありますから、一般的にセミプロの投資手法と言われています。しかし、最近ではスマホでも株式投資の注文ができるようになっていますから、サラリーマンの方でも仕事の合間にデイトレーダーとして投資をしている人が増加しています。

バイナリーオプションの業者さんには超短期ハイロー取引をする環境は、案外整っています。テレビでよく見るモニターを4台並べて、注視するようなことをしなくても証券会社のWEBで同様の画面をコンパクトに見ることができます。情報自体は、自分でロイターやブルームバーグと契約するとかなりの金額を支払う必要がありますが、ネット証券等と取引をしていればそのような心配はいりません。

スマホの画面も大きくなったため、ガラケーの時代に比べればかなりの情報を表示することが可能となっています。最近のネット証券は取引手数料も安く、証券会社によっては、一日どれだけ取引を繰り返しても手数料を定額にするという、デイトレーダー用のコースを設置している場合もあります。

このように費用面でもデイトレーダーとして取引をするために便宜が図られているのです。ただ、デイトレーダーとして取引する際は、いつも冷静に取引をすることが大切です。

常時取引をすることになりますから、どうしても冷静な判断力にかけることがあります。以前テレビに出ていたデイトレーダーの方は、机の前に大きな文字で「全財産を賭けるな」と書かれた紙を貼っていました。相場の動きに踊らされて、必要以上の金額を投資してしまい、目論見と逆方向に相場が動くと取り返しが利きません。

一般的な投資家とデイトレーダーで投資手法が変わるわけではありません。安く買って高く売り、その利幅が利益になるのです。その買いと売りの回数が、一般的な投資家とデイトレーダーでは全然違うという違いがあるだけなのです。比較の際にもこの点を正確に考える必要がありますね。

投資顧問会社とは

投資顧問会社とは、簡単にいうと、企業や個人の資産を運用したり、その運用に関する助言を行うことで、対価を得ている会社のことをいいます。日本では、このようなサービスを行う場合には、金融商品取引法に基づき、各地の財務局に登録する必要があります。

その登録をした会社のうち、いわゆる投資顧問業務を行う企業が投資顧問会社で、その出身母体や関連企業などから、大手証券系、信託銀行系、独立系、外資系など様々なバックグラウンド及び特色を持つ会社があります。

ところで、投資顧問業務とは何を意味するのでしょうか。投資顧問業務には大きく分けて、次の2種類の業務があります。

1つ目は、「投資助言業務」といわれるもので、株等の取引やデリバティブ取引などの投資といわれるものに関する知識が豊富な専門家が、その投資に関するアドバイスや具体的な指示、または投資情報の提供をする業務です。専門家の助言を参考にして自分で投資を行いたい法人や個人向けのサービスといえるでしょう。

一般に投資顧問会社というと、この投資助言業務のみを行っている会社をさしている場合もあるようです。助言の仕方には、顧問として投資をしようと考えている銘柄に関する相談に応じる方法、銘柄や取引日時、場合によっては指値や数量までを指図する方法、FAXやメールなどで顧客全員に同一内容を送付する方法などがあります。

2つ目は、「投資運営業務」といわれるもので、顧客と投資一任契約を締結し、顧客から投資資金を預かって運用する業務です。資産は投資するけれども、投資そのものは専門家にお任せしたい法人や個人向けのサービスです。投資ファンドや投資信託から委託を受けるケースもあります。

上記のようなサービスを提供してもらった場合の料金体系はどのようになっているのでしょうか。投資顧問会社が行うサービスへの報酬に関しては、固定制、従量制、成功報酬制、それらを組み合わせた料金体系などがあります。

固定制とは、会費制の良な料金体系で、毎月あるいは毎年など決まった時期に決まった金額の顧問料を支払う体系です。

従量制とは、投資助言業務限定の料金体系で、1回1銘柄への助言に対して固定の料金を支払います。

成功報酬制とは、投資で得られた利益に対し、あらかじめ契約で定められていた一定割合を報酬として支払うことで、投資運用業務に対してはすべて成功報酬型の料金体系が取られるようです。

以上が、投資顧問会社の業務内容とその料金体系の簡単なまとめになります。

なお、2006年に金融商品取引法が改正するまでは、認可制の投資顧問業務には比較的容易に登録できたこともあり、単に情報屋として暗躍した投資顧問会社が存在し、そのため投資顧問会社に対する悪評が高まった時期もあったようです。


為替レートで取引


  • もしFXを怪しいなにかだと思ったら大間違いです。NHKでニュースを見てるとどこかで一度はちらっと課題にあがる為替レート。この為替レートで取引するのがFXです。

    ドル円の場合で100円の場合にドルを買って、101円のときにドルを売ったら1円の儲け。これを1万ドル買えば1万円の儲けになります。逆に99円になったら1万円の損失です。たったこれだけ。上がるか下がるか2択を選ぶだけ。売買するようになると、なんとなく聞いていた為替レートもニュースで聞くのが楽しみになりますよ。

     fijwe